136921

緋色のブログの掲示板


真如苑関係の意見、情報交換、被害相談、報告や管理人への御連絡のみ投稿してください。 どなたでもご自由にスレ立てやコメントを記入して頂いて構いません。
該当しない記事立てやコメント投稿、書込み、荒しや非常識な内容は管理人判断で削除、アクセス禁止にします。 投降された内容は管理人のブログで記事にさせていただく場合があります。



新しく記事を立てる場合は、最下段の記入スペースに記入し、「新規スレッド作成」を押して下さい。
既に立てられている記事へのコメントは記事ごとの記入スペースを使用してください。」


接心、相談接心、鑑定接心、内容は本当?

1:りんりん :

2014/12/28 (Sun) 17:15:48

初めまして、私も真如苑と検索しこちらに辿り着いた一人です。疑問を持って検索した次第ですが、こんな私自身も現在、真如苑をしています。

物心付いた時には真如苑を歩んでいたので何か良く解らないままに連れて行かれ歩んでおりましたが、成人して以来、私自身が元々興味が無かった為、歩まなくなり年数が空いていました。

ですがそんな中、継続で歩んで来た母が私の人生の節目に対する相談接心、。鑑定接心など、。受けてくれて居たのですが、今にしてみれば霊能者に言われた内容は出鱈目でした。

真如苑で学ぶ段階とは、

大乗(だいじょう)
 ↓
歓喜(かんぎ)
 ↓
大歓喜(だいかんぎ)
 ↓
霊能(れいのう)

とある様ですが、霊能者になれても出来が良い方・悪い方、とおられて母は、出来の悪い霊能者に視て貰ったのかと考えた事もありましたが、違った様でした。それ所が信頼度が高く有名な方でした、この有名な霊能者に視て貰い言われた内容が出鱈目だったのです。

となれば、
相談接心、鑑定接心が嘘と言う事であるならば、向上接心もあてにはならないと言う事になりますよね?。

高圧的な筋親に、話しても筋の通る、或は納得出切る返事が期待出来ないので、こちらに相談が出来たらなぁと書き込ませて頂きました。

他にも周りに言わない、言えないだけで密かに似た様な疑問を抱かれたままの方など、おられるのでしょうか、、、。

また、現在、一番知りたいのが
上記の通り、相談接心、鑑定接心に関してです。

出鱈目を言われた方が他にもいらっしゃいますか?
霊能者の「お見通し」という言葉は果してどこまでが本当の事??

2:管理人 緋色 :

2014/12/29 (Mon) 03:48:34

りんりんさん
書き込みありがとうございます。

私の場合、決定的だったのは私の親は信徒です。
親以外の家族は全員親の信仰に批判的でした。
これは良いことがあれば苑のおかげ、悪いことがあれば当人や家族が苑を信仰しないから
だと言いだし、毎週末苑に入り浸り、苑を基準にした考え方をしてきたことが原因
です。
親は足もとの和合を真に受け「家族が信仰しないと飛んでもないことになる。」と
言われて真に受けて必死に家族を勧誘しました。
家族仲が悪化しているのは親が苑を信仰しているのが原因です。
それを親当人の修行が足りない、取組みが足りないとしていること自体、一切苑のいう
霊能者の言動が信じられない、と考えられる私の理屈です。

あとは「コックリさんが憑いている。」と聞いてきたこともあります。

過去私が受けた相談内容を思い出すと、
1.具体性が無い。
2.検証しようが無い。
3.そうといえばそうだよね(つまり受け手が“あたっている”と判断しない限り成立しない。
4.可もなく不可もなく、そんなの当たり前という内容を話す。
というケースが多いように思います。
コールドリーディングで説明のつく内容も多く、こういうことを書くと回答になって
いないことになりますが、筋親にいくら具体的な説明を求めても回答なんて彼らは
できないのではないでしょうか?
そもそも回答すらできるわけがないのです。
彼らだって説明できないからこそ高圧的にならざるおえないのです。
接心の真偽を求めてもそれは、発信者と受け手が双方苑を信じているという前提で初めて
効果を発揮するものです。
片側が疑問を持てば成立しないものなのですから。
3:まさ :

2014/12/29 (Mon) 18:01:34

りんりんさん、はじめまして。まさと申します。

両親が熱心な信徒で、接心にも深く依存しており、
そのせいで家族関係がガタガタになってしまいました。

両親が受けた接心の内容が出鱈目だったりその場で創作されたらしき
いい加減な作り話だったりする経験はいくつかあります。

例えば仕事中の事故で足に深い切り傷を負った家族については相談接心で
「無念を抱えて斬られて亡くなった戦国時代の武士の地縛霊の影響」
と示されて、両親はせっせとその地縛霊の供養をしていましたが、
事故の現場は近年埋め立てられた場所。戦国時代には海でした(笑)

また、両親の信仰に時に激しく反対する息子である私の場合には
「当時私が住んでいた近くの寺の信仰に失望して命を落とした江戸時代の農民の無念が
信仰障害をもたらしている」
と示されたのですが、古地図にその寺は無く明治以降の建立と思われます。

まぁ、いい加減なものです。前者は切り傷から武士を連想した安直な作り話でしょうし、
後者はコールドリーディングで

霊能:信仰に失望した方の影響を感じます・・

両親:そういえば息子が住む地域にお寺がありますけど・・・

霊能:(キターッ!)そうです、江戸時代にそのお寺の信仰に失望した農民の方です(ドヤァ)

両親:すごい!お見通しだっ!ありがたや

といったやりとりだったのではないかと思います。
4:りんりん :

2014/12/29 (Mon) 20:45:44

お返事ありがとうございます、順番にお返事させて頂きます。

まさ様へ、私の投稿に目を通して頂きありがとうございます。

お話読ませて頂きました、……なんとも、、
相談接心ではなくても誰もが、誰にでも言える様な内容で残念です。

出鱈目や作り話ならば、向上接心も同じく適当な事を言われてるのでしょうね。

霊能者になるには段階があるのですがそれまでの間の修行中に、心から信じて歩んで来た方なら霊能者になれた時、今までの真実が偽りだと気付かされるはずですよね?
そうでなければコールドリーディングなど使わないと思いますから。

偽りだったと気付かされた霊能の方達とは、偽りと解った上で、接心や相談接心、鑑定接心をしているという事と解釈しても可笑しくはありませんよね?

私の話しですが昔、夜中に父が意味不明な行動を取る様になりました、父本人は当時、自分が何をしたか全く覚えていません。
それで相談接心を受けた母から聞いた話しですが、土地の地縛霊が関係していると言われまして、その供養をして以来、ピタリと父の意味不明な行動が無くなり救われた事がありました。
そのせいもあり、半信半疑ながらも現在、私自身、半分歩んでいる状態ではありますが、また一方での相談接心や鑑定接心で言われた出鱈目のせいで、どこまでが本当で、どこからが嘘なのか?!と全部信じて歩んでいる訳ではありません。

疑問、疑惑があってこそ、この掲示板に辿り着きました。

信じて歩んでいたいけれど、どうしても疑惑が残る。でも径親に話せない、苑の方に話しても信じている方に何を話しても良い答えしか返らないと思うので、ずっと誰にも言えずに疑問に思っていました。
もしも嘘の教えならば私は毎月、ご先祖の供養をしていますが、それもお金だけ取られている事になるのですかね?

この掲示板を見付けた時は「話せる!」と思いました。管理人さんが作成してくれたお陰です、また、こうしてお返事頂ける方が居てくれて感謝しています。

5:りんりん :

2014/12/29 (Mon) 21:36:23

お返事頂きありがとうございます、お返事ありがとうございます。

読ませて頂きました、大変な思いをしていたのですね。
入信は本当に助けてあげたいと思う心でする物だと私は思っていますが、強制じみた誘い方の入信は誰もが警戒し、嫌がると思います。
私の地域での入信は家族入信が多いですが、強制じみた入信は見掛けません、中には執念深く入信をさせる方も知る中にただ一人だけ居ますが。(人からも苑からも嫌われています)

コールドリーディング、という形式で接心ですか。今まで考え付きもしなく、どうやって接心の内容をみ仏様から聞いているのかと思って来ました。
以前、霊能者の方に、接心の内容をどうやって霊界と通信しているのかと聞いた事がありました。応えは、「私の口から出た言葉は全てみ仏様のお言葉です」と言われました。
でもしかし、そう言われてもどう通信されているのかが解らないと接心で言われる内容にも疑問が出てしまうのです。

コールドリーディングは、ウィキぺリアでどの様なものか少々調べて知りました、接心でコールドリーディング法などを使っているのでしたら心外です…
でも、納得してしまった気持ちが正直なのも事実であります。

では接心で示される方、の供養を私はしていますが、これまで示されて来た方、そしてこれから示される方も最初からその様な方は居ないという事ですかね?
実在していない方を示して、供養させ、供養で出すお金を儲けている?って事でしょうか
もしそうなら供養出来ないです、嘘ならば。
コックリさん、を使い接心をするという話しも、心外です、。

それから、他サイトで見掛けたのですが、苑費。これは地域にも寄るのかもしれませんが私の地域ではそんなに頻繁にお金が要りません。
年に1度ぐらいですかね、毎月お金を払うと書いていた方がいましたが、それは何に払ってるのか解りませんでした。
少なくとも毎月お金は要らないです。
中には月に10〜15万を入れたという書き込みも目にしました。これは何か解れば教えて下さい。
私はそんなに払ったり入れたりした事がなく、毎月お金が要ると言われた事も無いので、えー!!と、疑問しかなく。

示された方達の供養も、本当は実在しない方の供養なのか疑問に持ってしまっている今、今後はどうしようと困惑しています。
向上接心で示される方も嘘なのですかね?私は供養にはお金をかけて来ました。心からしていたので、嘘ならばとても残念で仕方ありません。
やはりコールドリーディング法?
コックリさん法?酷いですよね。
結局、やっぱりお金儲けの為に故人を示すのですかね。

なんだか支離滅裂な文面になってしまいました、取り合えず書き込みさせて頂きます。ぐちゃぐちゃな文章ですみません。
、一端、中断し改めて追記しますm(__)m
6:りんりん :

2014/12/29 (Mon) 22:32:39

先程は、失礼いたしましたm(__)m

緋色さんが受けた過去の相談接心ですが、
1.具体性が無い。
2.検証しようが無い。
3.そうといえばそうだよね(つまり受け手が“あたっている”と判断しない限り成立しない。
4.可もなく不可もなく、そんなの当たり前という内容


上記は確かに私から見てもおっしゃる通りに感じます。

真如苑では、信じる信じないは自由で、疑うならどんどん疑ってくれても構わない等と聞かされた過去がありました。

質問や疑惑などを径親に話した所で、納得の行く言葉が返って来た事はごく僅かでした(過去)

現在、聞いてみたい事やここに書き込みした疑惑など話してみたいですが、緋色さんが言われる通り高圧的な態度でしか対応出来ない。
何故ならば、説明しようがないから。ですね、そうです、それも確かに。

しかし、なら何故、説明しようがないソレの何を信じて歩み続けているのか、その先にどんなメリットがあるのかが気になります。

それから、全ての接心に付いてかまでは解りませんが、他サイトか同じ系列サイトか曖昧ですが、接心では盗撮されているという書き込みも目にしました。
本当なら気味が悪いですね。

支部の中でカメラを設置してあるのは何度か見掛けましたが、それは外部からの犯罪防止の為だと勝手に解釈していましたが、そのカメラ設置も元々は違う目的での設置なのかと疑う気持ちも出て来ます。

7:管理人 緋色 :

2014/12/30 (Tue) 00:12:44

りんりんさん

順々に私見を書かせて頂きます。
ピントがずれていたら申し訳ありません。

>私の地域での入信は家族入信が多いですが、強制じみた入信は見掛けません、中には執念深く入信をさせる方も知る中にただ一人だけ居ますが。(人からも苑からも嫌われています)

これは正直、人による。だと思います。
私の知り合いでも、別な新興宗教を信じている信徒さんがいますが、その人は絶対に勧誘をしません。
とはいえ、一部のそのような暴走、盲信するタイプの信徒は新興宗教である以上、一定数は必ず生じますのでそれに手綱をつけるのは運営側に責任があると考えます。

>以前、霊能者の方に、接心の内容をどうやって霊界と通信しているのかと聞いた事がありました。応えは、「私の口から出た言葉は全てみ仏様のお言葉です」と言われました。
>でもしかし、そう言われてもどう通信されているのかが解らないと接心で言われる内容にも疑問が出てしまうのです。

うーん、りんりんさんが求めるのは接心は真か嘘か?という判定ですか?
であるならそれはとても難しいです。
悪魔の証明ではありませんが、検証できません。
ある信徒がこう知恵袋で書いていました。
「私は鉄棒から落ちました、しかし怪我をしませんでした。これは苑を信仰した奇跡の力だと思った。」と書いていました。
しかし、本当にこれが信仰による奇跡だったのか?
判定しているのは当人ですし、検証しようがありません。

プラシーボ効果ということもあります。
占いなどは私はカウンセリングの面もあると思います。

何が言いたいかというと、検証ができず人によってはカウンセリングとして効果があり、プラシーボ効果がある以上、接心を真か嘘かで判断することはできないのです。
実はこれが一番厄介なことです。

>接心で示される方、の供養を私はしていますが、これまで示されて来た方、そしてこれから示される方も最初からその様な方は居ないという事ですかね?
→先祖を戸籍上辿れるのはいいところ江戸期くらいまでだそうです。
ねずみ算というものがありますが、あれは世代が増えるほど世代毎の実数が増えていく計算です。
しかしこれは逆に見れば世代が古くなるほど共通する先祖が多くなるということです。
前から私は疑問なのですが、共通の先祖を持つ人間がいる中で、なぜピンポイントに影響がでるか私には理解できませんし、私自身親ですが、死ぬ時に「自分の子供は幸せになってもらいたい。」と思うものだとと思います。
ましてや子孫であれば同様に考えるのが人の情ではないでしょうか?
私が死んでも子孫に悪影響なんて与えたいとも思いません。
そもそも居たか、いないか検証しようも無いことです。
居たことを検証するのなら、以前、別な方がその先祖のことを細かく聞いたそうです。
歴史に詳しい方でしたので、ステレオタイプな時代劇の内容を相手は話(実際は当時の風俗と合致しなかった)ていたそうです。
私が言えるのは「検証しようが無いので、居ないとも居るとも言えない。しかし私は子孫に悪影響を与えたいとは思わない。」です。
それと、そもそもどうやって悪影響をあたえるのか?という疑問もあります。
実態も質量も無い物がどうやって影響を与えるのでしょうか?」

>実在していない方を示して、供養させ、供養で出すお金を儲けている?って事でしょうか
>もしそうなら供養出来ないです、嘘ならば。
→供養の方法は人それぞれです。キツイことを書けば苑は新興宗教です。
創立1936年の団体、、、約90年の団体です。
苑で無いと供養できないのなら、それ以前からある団体は一体なんだったのでしょうか?
今まで仏教が成立して以来、供養は全くできていなかったのでしょうか?
そんなことは無いはずです。
供養自体、当人が供養しようと思う心、供養した、という実感があってこそなのではないでしょうか?
労働には対価が必要です。
カウンセリングとしてなら対価の支払いがあってもそれは仕方ないでしょう。
解決を苑に求めるのなら、それは支払う価値が双方にはあったのではないでしょうか?

>コックリさん、を使い接心をするという話しも、心外です、。
→正確には原因をコックリサンがついている、とされました。
でも相談サイトをやっているので寄せられる接心の内容を読むと、結構とんでもないこと接心ではいっているようです。

>それから、他サイトで見掛けたのですが、苑費。これは地域にも寄るのかもしれませんが私の地域ではそんなに頻繁にお金が要りません。
年に1度ぐらいですかね、毎月お金を払うと書いていた方がいましたが、それは何に払ってるのか解りませんでした。
少なくとも毎月お金は要らないです。
中には月に10〜15万を入れたという書き込みも目にしました。これは何か解れば教えて下さい。
→これは正直、経による、、、です。
家の親を例にとれば施餓鬼や護摩などで複数の名前を使いやっていましたし、今は高額の歓喜は禁止されたそうですが、それでも●●歓喜した、、、という話を聞きます。
ですので、他意はありませんが、「りんりんさんの経は良い経ですね。」と思います。

>示された方達の供養も、本当は実在しない方の供養なのか疑問に持ってしまっている今、今後はどうしようと困惑しています。
向上接心で示される方も嘘なのですかね?私は供養にはお金をかけて来ました。心からしていたので、嘘ならばとても残念で仕方ありません。
→それを信じることで好転したのなら、それは嘘ではないと思います。
ただそれが本当に精進の結果によるものなのか?本当に供養されているか?本当に実在したか?
を検証することはとても難しいことです。
検証できないわけですから結局その判定は当人がどう判断するか?にかかってくるわけです。
りんりんさんが心から先祖を供養しようと思われた気持ちは私は理解できますし、その気持ちが間違っているとも思いません。
きっとその気持ちがある限りご先祖は供養されていると思います。
でも、それと接心で示された方が居た/居ないというのは別な話なのではないでしょうか?

>しかし、なら何故、説明しようがないソレの何を信じて歩み続けているのか、その先にどんなメリットがあるのかが気になります。

私が考えるに
1.今まで投資してきた時間、金、対人関係を無にすることはできないからではないでしょうか?
私の親を例にすれば信徒としては30年近く信仰しています。
実家にはお守りやお札、テレカ、色々な苑のグッズがありました。
家庭集会や週末等苑に入り浸っていました。
家族は反対してきましたが苑は素晴らしいものだという状態でずっときていました。
それを今更、やっぱり信じられないものだった、と断定するには時間も金も今まで反対してきた家族の手前、信じ続けていく、という選択肢を選ばざる負えないのではないでしょうか?
今まで家族の反対や否定に耐えてきて、信仰してきたのです。
それを否定するのはとても精神力が必要なことだと思います。

2.苑にいる限り、信仰と言う共通のツールで話ができて、精進を行うことである程度の”やった感”や仮に上手く行かなくても「精進が足りなかった。」という言い訳ができます。
これってとても楽なことだと思います。
ネットや実際にも言われたことがありますが、一部の信徒さんは「信仰をしていない人間はレベルが低い。」とか「信仰していなくてカワイソウ。」という言い方をします。
信仰している限り、自分は人と違うという満足感も得られます。

つまり先のメリットではありません、現状を維持するために信仰し続けることが必要なのではないでしょうか?


  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.