136921

緋色のブログの掲示板


真如苑関係の意見、情報交換、被害相談、報告や管理人への御連絡のみ投稿してください。 どなたでもご自由にスレ立てやコメントを記入して頂いて構いません。
該当しない記事立てやコメント投稿、書込み、荒しや非常識な内容は管理人判断で削除、アクセス禁止にします。 投降された内容は管理人のブログで記事にさせていただく場合があります。



新しく記事を立てる場合は、最下段の記入スペースに記入し、「新規スレッド作成」を押して下さい。
既に立てられている記事へのコメントは記事ごとの記入スペースを使用してください。」


信者( or 本人は非信者だが親が信者)と結婚した場合のリスク

1:管理人 緋色 :

2012/09/11 (Tue) 10:52:09

中には問題もなく暮らしていることもあると思いますが、リスクを広く伝える。ということを目的に
このスレッドを立てました。
経験談、考え等を書き込みしてください。
2:まさ :

2012/09/15 (Sat) 18:36:08

私の親も篤信者で妻には随分と辛い思いをさせてしまいました。

「本人が非信者だが親が信者」というケースに当てはまりますので、我が家のケースを紹介したいと思います。
ちなみに私は「超アンチ」で両親が「重篤信者」というケースですので極端な部分もあると思います。

まず、両親には「決して私の妻を勧誘しない事」と徹底的に釘を刺していました。
それは「お嫁さんが夫の親からの勧誘を断るのは容易ではない」と考えたからであり、
両親がそういった事に気遣いが出来ない状態にまで悪化していると分かっていたからです。

それでもやはり妻を勧誘してきました。

「息子(つまり私)に反対されるのがツラい」という切り口で始まり、

「なんとか親の信仰を理解する方向に説得してくれないか」という仲介の依頼の中で

「仲介にあたり、怪しい宗教ではなくて素晴らしい宗教だと分かって欲しい」という理由で

「この冊子を読んでみて。立派な宗教でしょう?」と同意を求めて「そうですね」という相槌を引出し、

その相槌を肯定と受け取った強引な勧誘で妻を追い込んだのです。

もちろん「この事は息子には絶対に内緒にしてね」というお願い付きでした。

夫への隠し事と、義理の両親からの勧誘で板挟みになった妻の苦悩は相当キツかったろうと思います。

結果的に私に打ち明けてくれたので、妻が具体的に義理での信仰を始める前に阻止出来たのですが、
妻まで私の両親のような異常な状態になってしまったかも知れないと考えると本当にゾッとします。

このように板挟みになって苦しむお嫁さんはとても多いのではないかと思います。
また、断りきれずにずるずると引き込まれてしまう人も決して少なくはないと思います。

線を引いて踏み込ませない強さを持った人ならば断れるのでしょうけど、
そうではないタイプの人であればとてもツラいと思います。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.